Entries

香港の地区別オフィスの賃貸料【基本情報】

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




香港のREITについても調べようと考えていますが、香港について土地勘をもつために、簡単に地域情報と地区ごとのオフィス賃料の水準を載せておこうと思います。

統計の情報はこちらに掲載されています。

まず、香港全体の物件タイプ別の賃貸料水準の推移です。すべての不動産で上昇していますが、オフィスが著しく賃貸料が上昇しています。

香港物件別賃貸料


次に、エリア別の相場水準を確認しますが、香港のエリアについて、地図で確認しておきます。統計では、6つのエリアについて掲載されておりますが、SheungwangとCentralについては、一か所として印をつけておきました。(地図中名前のない赤丸で囲っている箇所)

HongKong map

旅行ガイドなどから、各エリアについて簡単にまとめておきますと

ShungWang(上環):香港の下町で、香港大学があり、マカオへいくためのフェリーマーケットがある。
Central(中環):香港の政治、経済の中心地で、香港の金融街である。
CausewayBay:香港の主要商業地のひとつで、ショッピングモールが林立する。
Quarry Bay:香港の下町
Tsim Sha Tsui:九龍半島の先端で交通の要衝

そして、下記が香港のエリア別のグレードAオフィスの1平方メートルあたりの賃料の推移です。(2010年1月~2012年4月)単位は香港ドルです。だいたい10倍すれば日本円になります。

香港オフィスの賃料推移

地理と、賃貸料の相場水準を頭にいれつつ、香港REITの個別銘柄についても見ていきたいと思います。



姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」では、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトを紹介しています。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





ブログランキングに参加しています。クリックいただくと記事を書く励みになります。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/94-26961959

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター