Entries

Ascott Residence Trustについてのアナリストレポート(OCBC)まとめ

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


OCBC Investment Researchは、シンガポールの大手銀行OCBCの投資調査を行う機関です。REITの他にもシンガポール株についてセクター分析や個別株についてレポートを発表しております。

同社が、Ascott Residenceについてレポートを発表していますので、ここまで時系列にそってレビューしておきます。元ネタはこちらです。

2012年1月20日 投資判断をBuy →Holdに格下げ
Ascott Residenceの収益は前年比67%増加、配当は前年比13%増加、売上は前年比39%アップ。これは2010年10月に買収した物件が寄与したためであり、そして中国の物件を売却した結果である。
純資産価値は、日本、フランス、中国、シンガポールの物件が寄与したためであり、ベトナムの物件は評価を下げた。ベルギーと日本、ベトナムについては強気の予想を持っている。ベルギーについては、Citadines Sainte-Catherineのリノベーションが遅れ、ベトナムの物件はシンガポールドルがUSドルに対して強くなったためであり、日本については、地震と津波が影響した。

経営陣は的確な戦略と実行を行っているが、ポートフォリオの4割を占めるヨーロッパ経済の不透明さから、ヨーロッパのポートフォリオについてキャップレートを30~50%引き上げる。そのため、投資判断をBuyからHoldに引き下げた。

2012年4月2日 投資判断をHold → Buyに格上げ
 ギリシャ問題を受けて、Ascott Residence Trustのもつヨーロッパの物件について再評価した。Ascott Residence Trustの資産は、40%がヨーロッパの物件で、フランスとイギリスにその大半がある。両国の成長は鈍化はするものの、悲惨な状況になる可能性は低いと考えている。フランスの17物件のうち4物件は、パリの中心部にあり、質が良く立地もよいため長期的に重大な価値の毀損はないと考えている。さらに、パリの物件はマスターリースであり、収入の短期的な落ち込みは限定されている。同様にイギリスの物件もロンドンの中心部にあり、最低収入を保証する契約になっている。
 
Ascott Residenceの残り60%の物件はアジアに分散されており、その内訳はシンガポールが22%、日本が14%、そして途上国が22%である。我々はAscott Residence Trustのポートフォリオはよく地域的によく分散されており、金融的なショックがおきてもそのバッファとして機能すると考えている。
 現状株価における7.9%という利回り、PBR0.8倍は割安と考えられ、我々は投資判断をBuyに引き上げた。


2012年4月26日 投資判断を維持 Buy
Ascott Residence Trustは2012年第1四半期の配当可能利益を24.2百万Sドルと発表した。これは2011年第1四半期とほぼ同じ水準であり、我々の予想とほぼ同じ水準だった。
 
この四半期の収入は6%の増加であり、これは2011年12月に買った東京新宿のCitadines
Shinjuku Tokyoと、中国、フィリピン、ロンドンの物件が改善したことによるものである。
平均REVPARは3%改善した。
 スペインにおいては賃金が上昇したため、収入が20%減少し、ベルギー、イギリス、ベトナムは変わらず、オーストラリア、中国、インドネシア、日本、フィリピンは高いパフォーマンスを確認した。ただし、ベトナムについては賃金と運営コストの上昇、為替のため15%収入が下落した。
 前回の判断と同じく、配当利回り7.6%、PBR0.8倍は割安な水準であると判断している。




姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」では、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトを紹介しています。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





ブログランキングに参加しています。クリックいただくと記事を書く励みになります。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/78-18a36516

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター