Entries

[ebook]タックスヘブンに暮らし、投資し、リタイアし、働くためのガイドブック


姉妹ブログ「英語が身につく!使える英語WEBサイト」でも書いた記事ですが、資産運用関係の記事ですので、こちらにも書いておきます。姉妹ブログもだいぶ記事が充実してきました。

はじめに断わっておきますと、この記事では脱税をすすめているわけではありませんので誤解のないようにしてください。教養としてタックスヘブンについて包括的に知りたいという方へのご紹介です。

タックスヘブンとは租税回避地といって、税率が非常に低かったり、税金が課されなかったりする国のことです。
よく知られている国としてスイスやルクセンブルク、チャンネル諸島といったところがあります。

この本はあまり日本では知られていないタックスヘブンに関するガイドブックです。

↓をクリックするとWEBサイトに飛びます。
Buy

内容ですが、次のようなことがわかるようです。

・ルクセンブルクやスイスといった有名なタックスヘブンに投資をするということはどういうことなのか?

・タックスヘブンにおける投資からの収入については無税というリタイアメントプログラムを用意しているバハマやモナコ、タイでリタイアするということはどういうことなのか?

・タックスヘブンにおける投資については税金がかからない、シンガポールやUAEで働くということはどういうことなのか?

英語の本ですが、興味のある方はどうぞ。


こちらもポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/531-a7f9a41d

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター