Entries

QE3でもシンガポールの住宅価格への影響は限定的


QE3があっても、シンガポールの住宅価格への影響は限定的という見方があるようです。

Colliers Internationalによると、シンガポールの住宅価格は、アメリカの長期金利との相関性が低く、過去のデータからも香港ほど敏感に反応しないとのことです。

QE1、QE2のときに、シンガポールの不動産価格はそれぞれ7.5%、4.2%上昇しましたが、同時期の香港の不動産ほど上昇しなかったとのこと。

QE3とともに、シンガポールの買い手の期待は高まっているが、QE3の効果は限定的であり、2012年中には影響は終わるだろうとResearch & Advisoryのディレクターは語っております。

彼女によれば、シンガポールの国民の80%は公団住宅に住んでおり、その供給は政府がコントロールしているので、海外からの資本流入による住宅価格の高騰の影響は限定的であるとのことです。さらに、外国人投資家による住宅購入は印紙税が課されるなど投機抑制策も取られています。

シンガポールの住宅市場は外国人投資家の参加者が少ないので、影響は限定的だとのことです。

住宅についてはそうでしょうが、他のセクターについてはどうなんでしょうか?見解が知りたいところです。

この記事がお役にたったら、ぽちっとお願いします。

人気ブログランキングへ


Singapore's asset bubble not likely to burst despite QE3

But short term boost in buyer sentiment is expected.

According to Colliers International, Singapore’s residential prices see relatively less correlation with compression of U.S. bond yields and are not historically vulnerable to QE announcements, as compared to Hong Kong.

During QE1 and QE2, Singapore’s residential prices edged up 7.5 per cent and 4.2 per cent, respectively, which were relatively milder than the home price inflation experienced in Hong Kong during the same period.

“Short term boost in buyer sentiment is expected with the QE3, but we think that the effects will be limited in Singapore and will likely peter out before the end of 2012,” says Ms Chia Siew Chuin (谢岫君), Director of Research & Advisory, Singapore.

Ms Chia adds, “Singapore’s housing market is not directly susceptible to foreign capital flows as approximately 80 per cent of the population resides in public housing apartments. This represents a sizeable housing stock under the government’s control.

In addition, the government has introduced five rounds of cooling measures to curb the overheated housing market since 2009, including the most recent one targeting foreigners and non-individuals (corporate entities) with an additional buyer’s stamp duty of 10 per cent . This has lowered the participation of foreigners in Singapore’s private housing market, where a mere six per cent of all purchases from January to August 2012 were made by foreign buyers.”
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/525-5bf4b67e

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター