Entries

日本の地価底打ちとアジア投資家の存在感


本日の日本経済新聞の5面は「投資マネーに厚み 個人やアジア存在感」と題して日本の地価が回復傾向にあるという記事です。

シンガポールも香港もREITは堅調ですが、日本のREITも堅調で、東証REIT指数は1000台が目前です。投資マネーがけん引役になっているとのこと。

興味深い指摘は、アジアからの投資が増えてきているという記事です。年後半にはシンガポールの企業による大型REITの上場が見込まれるとか。どの企業がやるんでしょう。把握しておりません。

日本に海外マネーが流入するのは、価格が乱高下しやすい香港などに比べ、日本の不動産市況は安定しているとのことです。

また、アジアの新興国では不動産をめぐる制度変更が多く、海外投資家からは安心して投資できないとのことです。

下の記事でも触れましたが、シンガポールは政府が不動産市場に関する需給に積極的に介在して調整しますので、そういうところがリスクとして懸念されるということでしょう。

シンガポールの不動産で最も影響力のあるステークホルダーは?

アジアの企業が日本の市場に進出してくるのは、自国の不動産が高くなってしまっており、特にシンガポールのREITは積極的に海外の不動産を取得しております。そのREIT投資家からの利回り向上に対する圧力が非常に強く、シンガポール国内でめぼしい物件が不足してきているという事情があるのでしょう。

シンガポールドルは為替が相対的に安定しており、円に対してもドルのように大きく減価していないので為替という面からもシンガポールの企業は日本の不動産に投資しやすいのだと思います。


海外進出に積極的なシンガポールREITを観察することは、今後の日本の不動産市場を占う意味でも役に立つといえます。

こちらもポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/514-73a4d251

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター