Entries

マレーシア東部回廊経済圏に日本企業がさらなる投資を検討

この記事が役にたったら、記事の最後にあるボタンをクリックしていただくと大変助かります。

マレーシアの東部は発展が遅れているという認識をしているのですが、鉄道も走る予定のようですし、イオンが東マレーシアのショッピングモールを保有するようですし、これから発展が期待できる地域のようですね。

開発計画はECERというそうですが、キーワードとして覚えておきたいところです。

東部回廊経済圏に日本企業がさらなる投資を検討

マレーシア半島東海岸の経済開発地域「東部回廊経済圏」(ECER)への投資に複数の日本企業が関心を寄せている。


ECERの開発委員会、ECERDCによると、三菱やカネカ(M)、東京ガス、NHKマニュファクチャリング(M)など、マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)の加盟企業の重役らがECERの主なプロジェクトの視察を行った。ゲベン工業地域やパーム油産業クラスター(POIC)、クアンタン港、ガンバンハラル(イスラムの戒律に則った)産業パーク、ケルティ・バイオポリマー・パークなどを視察し、ECERにおける投資機会についての説明を受けた。


カネカ(M)はパハン州ゲベン工業地域において投資を行っている。


ECERDCのジェバシンガム最高責任者は、マレーシアは日本企業にとり重要な投資先となっており、今回の現地視察は日本企業によるECERへの強い関心の表れだとコメントした。


2011年、マレーシアと日本の間の貿易額は1,453億リンギ(約3兆6,360億円)で800億リンギ(約2兆20億円)はマレーシアから日本への輸出で、日本からマレーシアへの輸入は653億リンギ(約1兆6,340億円)となった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングならblogram

Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/459-06088b0f

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター