Entries

BOOM証券の口座を口座開設支援業者に頼らずに開設しました

この記事が役にたったら、記事の最後にあるボタンをクリックしていただくと大変助かります。


BOOM証券の口座を口座開設支援業者に頼らずに開設しましたので、その体験談を書いておきたいと思います。

BOOM証券というよりは、MONEX証券に買収されたので、MONEX-BOOM証券が正しいようです。

口座開設をすると、次のような日本語操作マニュアルがもらえます。本当かどうか定かではありませんが、日本人が最大の顧客だそうです。


Boom証券1

中身ももちろん日本語です。
BOOM証券2

さて、口座開設ですが、手順はHSBC香港の口座開設とほとんど同じです。パスポート、国際運転免許証、HSBCのATMカードを渡して、職業や収入などを答えるだけです。自分が手を動かすことはほとんどありません。

担当者も非常にフレンドリーに対応してくれます。

HSBCの口座開設よりもはるかに口座開設は簡単ですので、HSBC口座開設体験記をご覧ください。
こちらの記事です。

HSBCの口座開設とひとつ違う点は、決済用口座を用意していなくてはなりませんので、先に銀行の口座を開設して、HSBC(香港あるいはシンガポール)やシティバンク香港、ハンセン銀行など香港の銀行ATMカードを取得しておく必要があります。決済用口座の番号を知らせるためにHSBCの窓口で発行してもらえる残高照会の紙を渡したのですが、これではだめでした。

なおHSBCの残高照会ですが、HSBCの口座を開設して、ATMカードが発行されるまでに、預金の残高証明代わりにとっておこうと思ったことから取得したものです。HSBCの口座開設後、どこの支店でもいいので、窓口に行き、パスポートを見せて、"Please give me Balance Inquiry"というとその時点での預金残高を印刷してもらえます。そこには口座番号ももちろん記載されています。

担当者も日本人顧客への対応は非常に慣れています。

なお、解約したいときは、email一本で解約したい旨伝えればいいとのことでした。わざわざ香港まで行く必要はありません。

海外証券口座がらみでいうと、シンガポールのフィリップ証券の口座の開設もできるかどうか現地で聞いてみたのですが、こちらはシンガポールの銀行、UOBとかOCBCとか、そういった銀行に口座がないとだめなようです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/449-541a4d28

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター