Entries

GZI REITの銘柄診断

この記事が役にたったら、記事の最後にあるボタンをクリックしていただくと大変助かります。

香港REITの中では、比較的利回りのいいGZI REITについて、2物件だけ
ですが見ましたので、一応判断を書いておきたいと思います。

広州は人が多く、消費意欲も強いように思いましたので、中国、広州の消費やビジネス活動が衰えなければ、GZI REITも投資の対象としていいのかなと思います。人民元がドルに対して強含みになるようであれば、価値も高まるはずです。(香港ドルは米ドルペッグのため)

中国、広州は人口1200万人、経済規模も上海、北京についで3位の都市です。

私が見た白馬ビルとVictory Plazaについては、大きな駅に近く、それぞれの地域のランドマーク的な存在でもありますが、それぞれファッションアパレルの小さな店の集合体と大きな家電量販店であり、業種分散がないことが非常に気になる物件です。

上記リスクを念頭におきつつ、中国、広州の消費の動向が良いようであれば投資対象になるでしょう。ただ、中国の地区別消費統計って、どのサイトにいけばあるのか私は把握してないんですよね。あっても中国語でしょうし。



姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」は、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトに関するブログです。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/430-7c04178d

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター