Entries

シンセンから広州へ 中国版新幹線に乗る

この記事が役にたったら、記事の最後にあるボタンをクリックしていただくと大変助かります。

シンセンのショッピングモール見学を終えたので、シンセン北駅まで行き、そこで新幹線に乗りました。

なお、新幹線でシンセン北から広州まで30分程度、運賃は日本円で1000円弱と記憶しています。シンセンから武漢(ウーハン)という内陸の都市まで行けるようですが、中国語に自信がなかったのと尖閣諸島関連ニュースが嫌な感じだったのでやめておきました。中国はほとんど英語が通じません。


シンセン北駅です。
シンセン北駅

ご覧のように電光掲示板もすべて中国語です。行先と出発時刻が書いてあるようです。なお、中国新幹線ではチケットを買うときにパスポートが必要です。
シンセン北駅2

駅内の待合室のようすです。中国新幹線は日本の新幹線というよりは飛行機に乗る感覚に近いです。手荷物検査もされます。

シンセン北駅3

広州南駅でとった写真ですが、中国新幹線です。
中国新幹線1

車内の様子です。
中国新幹線2

トイレもついています。
中国新幹線3

時速300キロを超えて走ります。
中国新幹線4

↓この記事がお役に立ったら、ポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングならblogram


Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/425-00143e49

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター