Entries

アジア移住とアジアREIT投資

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




私がアジアREITの動向をウォッチしようと考えたのは、アジア移住を考えているものの一人として、その際、アジアREITが有効な運用先の一つと考えたからです。

ロイターのこの記事によれば、将来日本を脱出して東南アジアに移住することを考え、東南アジアの不動産を購入する中堅層が増えており、最近は日本からの脱出をテーマにした書籍の出版も増えているとのことです。

-ロイターの記事の一部を引用ー

[東京 29日 ロイター] 起業家の小坂博志氏が立ち上げた日本人向け海外不動産購入支援サイト「暮旅(クラタビ)」は、一般的な不動産情報サイトとは、かなり趣を異にする。

「命とお金、しばらく日本を離れてみませんか」という文句がトップページに浮かび、きらびやかなコンドミニアムなど物件情報の代わりに掲載されているのは、日本の公的債務残高や財政破綻シナリオなど、格付け機関かと見間違うかのような情報の数々だ。

こうした「日本からの逃避」を指南するサイトは最近急速に増えており、財政破綻を懸念する預金者が、資金の安全な避難先として海外不動産を探すのに一役買っている。日本経済の先行きに対する悲観論の深まりを背景に、書店では「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない(午堂登紀雄著)」などの本がベストセラーとなり、ニュージーランドからマレーシアといった国々では、日本人によるセカンドハウス購入がブームとなりつつある。

-引用終わりーーー


長期的にアジアなど経済成長が著しい国に移住する。その前に金融資産を海外に移動させ、将来の移住に備える。ということだと思います。

この行動は、日本ではかなり先進的な方々の動向だとは思いますが、海外に金融資産を移していくということは、個人投資家の常識ということに今後はなっていくと思います。株式ではソニーやパナソニックの株価低迷が著しいですが、これは国内の有力な投資先がどんどんなくなっているということを意味します。

REITを含めて日本の不動産はどうでしょうか。人口が減少していくのですから、将来性はあまり感じられません。

では、成長著しいアジアのコンドミニアムを買って大家さんになるということもちょっとハードルが高いような気がします。前回の記事で書いたように、オーナーとなったとしても、借家人への対応などもなかなか難しいようです。また、どうしても現物不動産にはローンを組むことを検討することになりますが、海外の物件のためにローンを組むことに抵抗を感じる人も多いでしょう。

REITのいいところは、法律で配当性向を高くしなければならないと定められているので、配当利回りが高く、家賃収入なみの配当収入が期待できることです。上場しているのでいつでも市場で換金でき、現物不動産にまつわる管理の煩わしさもありません。現物不動産はタイムリーに売却できませんし、借り入れをするというリスクもあります。

一方でREIT特有のリスクもあります。高い配当性向を維持しなければならないことの裏返しで内部留保が少ないので、リーマンショックやギリシャショックのような著しい信用不安がおこって金融市場の機能が麻痺すると、著しく株価が下がります。従って、REITの信用力はよく見極めなければなりません。目安となるのはスポンサーがしっかりしているかどうかです。このことは日本のREITで痛感させられたことです。

不動産投資を考えるうえで、現物不動産に直接投資するという選択でなくても、REIT投資は有効な投資となるのではないでしょうか。



姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」は、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトに関するブログです。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





ブログランキングに参加しています。クリックくださるとありがたいです。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキングへ
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/4-8c4c0bf2

Trackbacks

Comments

[C24] ローン

現地でローンは組めません。
  • 2012-08-17 13:50
  • NINJA250
  • URL
  • Edit

[C25]

コメントありがとうございます。
マレーシア在住の日本人不動産投資家にローン組んで投資していると聞いたんですが、私が聞いた情報は違うんでしょうか?
  • 2012-08-17 13:54
  • ASIA REIT LABO
  • URL
  • Edit

[C26]

国によって違うようですね。タイはどうだか知りませんが、ネットで調べると、マレーシアでは外国人でも組めるようですし、シンガポールの不動産も中国人やインドネシア人が買ってます。これらの不動産投資家たちが、全額キャッシュで買うとはちょっと考えにくいでしょう。
  • 2012-08-17 14:02
  • ASIA REIT LABO
  • URL
  • Edit

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター