Entries

シンガポール・マレーシアの有力銀行 東南アジアでの融資急増

各ブログランキングに参加しています。お役にたったら、ランキングアップにご協力くだされば大変助かります。ランキングボタンは記事の最後に設置しています。

今日の日本経済新聞の国際面(7面)にシンガポール、マレーシアの有力銀行が融資を伸ばしているとの記事がありましたので、要約をしておきたいと思います。

シンガポールの有力3大銀行、DBS、UOB、OCBCの2012年上半期は、融資残高を拡大させ好業績でした。その原因は周辺諸国への海外融資が伸びているためであり、欧州系の銀行が本拠地の債務危機で営業を縮小させている中でその隙間を埋めたことにあり、信用力が高く資金調達能力も高いため、資金供給能力が高いことも要因である。また、マレーシアの2大銀行であるMayBankとCIMBも東南アジア市場で存在感を発揮している。邦銀も東南アジアでのビジネスに攻勢を強めているが、シンガポール、マレーシアの銀行は手ごわいライバルとなっている。

という感じでしょうか。

日経の記事を見ると、欧州系は縮小したとありますが、それでもイギリスのスタンダードチャータード、HSBCが1位、2位を占めます。マレー半島はイギリスの植民地だったこともあり、マレーシア、シンガポールは歴史的にイギリスの影響が大きい国です。マレーシアやシンガポールでは、英語はアメリカンイングリッシュではなくて、イギリス英語が使われています。例えば、センターという単語はCenterではなくてCentreです。

日経の記事にもある通り、シンガポールはせいぜい500万人の国で、融資が伸びているのは海外融資とのことですが、マレーシアでは総額3兆円のビッグプロジェクトのイスカンダル計画が進行中であり、クアラルンプールでも地下鉄の建設や金融都市構想など開発案件が進行中です。

さらに、マレーシア市場はアジア市場ではIPOの規模で今年最大の市場となるようですし、REITについてはミッドバレーメガモールを組み込んだREITペトロナスツイタワーを組み込んだREITが組成される予定であるなど、REIT市場も今後大きなプロジェクトを控えています。金融市場が活況なところには、当然銀行の活躍する余地がたくさんあるということです。

邦銀も現在は国債の売買益で利益の大半を稼いでおり、日本の市場では融資が伸びないので、この市場に活路を求めているようですが、昨日紹介した企業のブランドランキングで銀行の存在感を見てみましょう。

三菱東京UFJ、みずほがグローバル500位でランクインしています。シンガポールの銀行ではランクインしている銀行はないので頑張ってほしいですが、もともと強い欧州系に並んで、中国系の銀行が日本の銀行よりも上位にいます。東南アジアの
金融市場でも、中国の銀行は手ごわいライバルになりそうですね。

また、邦銀の動向についてはこういうニュース「三菱東京UFJ(M)、北部回廊実行庁と業務提携」もありますね。


REITについて言えば、金融機関がしっかりしていることがREIT発展のための必要条件ですので、シンガポールREIT市場の発展は今後も期待できそうです。



姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」は、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトに関するブログです。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





↓この記事がお役にたったら。こちらもポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングならblogram

Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/356-b0eb5746

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター