Entries

2012第1四半期 オフィス市場の動向

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


この記事ではシンガポールのオフィスREITであるCapitaCommercialを取り上げたので、2012年第1四半期のオフィスセクターの動向についてレビューをしておきます。
元ネタはCBREのこの記事です。

外部環境の悪化から、オフィスの需要も産業用不動産と同様に停滞しているようです。特に、シンガポールについてはオフィススペースが供給されるために、今年の第2四半期に空室率が上昇し、賃貸料の低下が見込まれるという予想は不気味です。

いずれにせよ、外部経済の不振によるビジネスの停滞VS国内消費の堅調さという構図が続き、リテールセクターの業績が不振になってこないか着目していかなければなりません。



記事の要約
ヨーロッパの債務問題、アメリカ・中国の景気鈍化懸念を受けて、事業者は事業所拡大に慎重であり、オフィス需要は弱まっています。事業者はオフィス統合や移転活動を行っている。

労働市場は停滞しています。事業者が慎重な見通しをもっており、雇用を増やすことに慎重になっているためです。特に、金融セクターでは雇用は非常に弱いです。小売の売上も低下に転じつつあり、消費者信頼感も低下の方向である。このことはオフィス需要が今後も低迷する原因となるでしょう。

オフィス需要を牽引したセクターは、プロフェッショナルサービス、IT、消費者関連ビジネスが、銀行など金融セクターは消極的でした。

上海やシンガポール、クアラルンプールでは強力にリーシング活動が展開されましたが、今期のリーシング活動は広いスペースは敬遠され、小さなスペースが中心でした。

賃貸料の水準はほぼ横ばいでアジア太平洋地域では0.02%の増加にとどまりました。特にシンガポールや香港の賃貸料は低下圧力が強まっています。逆に物件不足から北京は堅調でした。

シンガポールについては、エネルギーや商品、プロフェッショナルサービスや弁護士事務所からの需要は底堅いかったものの、Grade Aのオフィス賃貸料は低下した。四半期ベースでで3.6%の低下でした。国全体では7.3%低下した。

香港については、Grade Aの賃貸料は3.2%低下した。セントラル地区の貸主がテナントをつなぎとめるために、賃貸料のディスカウントをしているためです。Kowloon地区の物件が、オフィスの移転需要を取り込んでいる一方で、経費を抑制したい金融部門を中心に、セントラル地区の需要は弱かったです。Kowloon地区は今後も好調でしょうが、セントラル地区を中心に全体としての低下傾向は続き、空室率は上昇すると見込まれています。
クアラルンプールについては、賃貸料は上昇しました。金融、石油ガス会社のオフィス拡大需要が強かったためです。新規物件の供給は今後も続き、空室率の上昇傾向が続くと予想されています。

アジア太平洋地域の空室率は低下傾向にありますが、この傾向は第2四半期には終わると予想されています。事業者の需要が弱い傾向が続き、スペースの供給は非常に増加するからである。地域別には、香港、上海、北京では低下傾向が続いた。この背景には底堅い需要と供給不足があります。一方で新しい物件が供給されたため、シンガポール、クアラルンプールでは、空室率が上昇しました。


要約終わり




姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」は、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトに関するブログです。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト






ブログランキングに参加しています。クリックいただくと記事を書く励みになります。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/31-510b53a6

Trackbacks

Comments

[C120] Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
  • 2017-05-02 16:24
  • Edit

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター