Entries

消費税増税と日本からの脱出

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



日本の時事ネタについてこのブログで触れるのは避けようと思っていたのですが、今回の消費税増税については触れておこうと思います。

消費税の増税がほぼ確定しました。

借金による収入が総収入の過半を占める異常な国家予算が続いてますので、基本的にはやむを得ないと思っております。

とはいえ、国会議員や公務員などのリストラ、削るところを削るということが放置されて、ある意味だまし討ちのように増税を決められたのでは、これからは各政党のマニフェストなど誰も信じないでしょう。政治への信任が失われたという意味ではエポックメーキングなことだと思います。

政治的なゴタゴタも含め、このようなことになった背景には、日本の国力の衰退があります。というより、そもそも経済だけが発達するモデルというのは難しいのでしょう。

個人的な見解ですが、相対的に通貨が強すぎるのです。しかし国際政治で政治的な交渉力がないから、円だけが強い状態に国際市場でさせられてしまうのです。

国際政治の舞台でまともな政治力や交渉力があれば、アメリカのようにある意味むちゃくちゃな金融緩和による通貨安誘導を認めさせないか、日銀も金融緩和スタンスを強めて円安に誘導することができると思うのです。

経済学を学んだ人間としては、ゼロ金利下での金融緩和は意味がないと思っていましたが、アメリカの最近の金融政策を見て、少し考え方を改めつつあります。あれほど露骨に通貨安に誘導されて、なぜ何も言えないのか、政府日銀が介入をしたときには文句を言われるのにかかわらず。これはやはり国際政治力がないからでしょう。

これが輸出で経済を発展させていくという国の経済モデルをおかしくさせた原因だと思います。そうでなければ、ソニーやパナソニック、シャープといった日本を代表するエレクトロニクス企業が、中国や韓国の後塵をはいして市場を失っていくということにはならないでしょう。

2年前、マレーシアのショッピングモールで撮影したベスト電器の写真です。一番目立つところにLGの文字があるのがわかると思いますが、シャープやソニーのテレビは店の奥のほうにあります。日系の小売店でもこのありさまです。
ベスト電器



調べたわけではないですが、通貨の価値と合計特殊出生率は反比例の関係にあると考えています。

唐突なようですが、

通貨価値が適正水準にある→輸出での経済成長が見込まれる→将来の見通しが暗くならない。→雇用賃金状態がよくなる。→結婚したり、子供を持つ人が増える。→将来の国内需要も問題ではなくなる。というようなプラスの循環が期待できます。

ところが、通貨が強くなりすぎて、このプロセスが崩れてしまったために、将来は人口が減少し、内需もさえなくなり、したがって雇用も減り、製造業を中心に企業は日本から脱出して成長国に移動していく。という悪循環に見事にはまっています。

今回の増税は、国内の不動産に与える影響は、短期的には駆け込み需要があるので、住宅セクターにはポジティブだと思いますが、非常にごく短期です。消費税の増税により、内需はますます減退し人口は減少していくので国内不動産業は長期衰退でしょう。

一方で、REIT投資家的には円の通貨価値が守られたということになりますから、強い円を海外投資に向けるチャンスでもあるということでもあると思います。

小口からでも海外の不動産に投資できるREITは、従来の日本の不動産に向かっていた投資資金の受け皿になりうると思いますし、特に成長セクターであるアジアのREIT事情についての研究は欠かせないと思います。

この記事でも触れたように、日本から脱出して海外で暮らそうとする人もますます増えるかもしれません。国の経済状況の悪化が治安を悪くするのは明らかなのは、ギリシャの暴動を見れば明らかです。治安などの悪化を嫌って、移住する人が増えても不思議ではないと思うのです。

そういった方々の運用資金の受け皿としても、移住した国のREITに投資するというのは有効な方法ではないでしょうか。

年金があてにならないのはこれからも続くのですから、安定的な分配金を期待できるのであれば、たとえば、アジアに移住して、その国のREITに投資して年金に加えて分配金を受け取るというのは有力な方法だと思うのです。

大きな金額が伴う不動産投資という方法もあるかと思いますが、小さな金額から始められ、もちろんローンも組む必要がないREITに投資して、シンガポールに住むならその国の通貨であるシンガポールドルで安定的な分配金を得られるというのは魅力的だと思います。日本人に人気のMM2Hを使ってマレーシアへの移住でも、マレーシアのREITに投資して分配金を得ることは、生活を豊かにするでしょう。

増税のニュースを見ながら、海外REITの事情について改めて調べて行こうと決意を新たにした次第です。




姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」は、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトに関するブログです。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/25-767a9471

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター