Entries

シンガポールMAS 消費者物価指数見通し引き上げ

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


シンガポールの中央銀行にあたるMASがインフレ率見通しを上方修正しました。

景気見通しは不透明で停滞が予想される中、インフレ率が上方修正されると、金融緩和も難しそうです。この状態が悪化するといわゆるスタグフレーションということになり、経済環境としては悪い状況です。

シンガポール金融通貨庁CPI見通し下限引き上げ、厳しさ増す金融政策の舵取り

シンガポールの中央銀行に相当する金融通貨庁(MAS)は25日、2011-12年のアニュアルリポートを公表し、従来3.5-4.5%としていた12年のCPI(消費者物価指数)上昇率の見通しを、4.0-4.5%に変更した。世界景気の悪化を背景に経済成長の先行きが不透明となる中、高止まりするインフレに苦慮する実情が鮮明となった。

 シンガポールのCPI上昇率は、直近6月が前年同月比5.3%。指数に占める構成比の高い住宅上昇率が9.7%となり、従来のMAS予想のレンジを大きく超過した。金融政策運営で重視されるコアインフレ率(変動が大きい住宅と輸送機器など政府の政策の影響を受けやすい部門を除いたインフレ率)も、4-5月に続き3カ月連続で前年同月比2.7%の上昇となった。

 1-6月のCPI上昇率は、前年同期比5.1%。MASでは、12年下期もすべての項目が過去の平均を上回るインフレ率を維持する可能性が高いとみて、年間予想の見直しに動いた。実質GDP(国内総生産)成長率は12年第1四半期(1-3月)が前年同期比1.4%、第2四半期(4-6月、速報値)は同1.9%(MASの年間予想は1-3%)にとどまり、前期比では第2四半期が第1四半期比1.1%減と減速している。MASは今後も中国経済の動向や欧州債務問題などの不確定要素が山積する一方、インフレにも悩まされることになりそうで、金融政策の舵取りは一段と難しくなるのは間違いない。

 25日のST指数は反落し、午後4時58分(現地)現在前日比0.23%安の2991.49を付けている。




姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」は、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトに関するブログです。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





ブログランキングに参加しています。クリックいただくと記事を書く励みになります。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ>
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/227-458c02ad

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター