Entries

人民元取引、ロンドンとシンガポールがリード

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

中国人観光客、貿易の増加に続き、中国との金融取引についてもシンガポールはリードしようとしています。中国本土の不動産を物件とする2つのシンガポールREITにとってもポジティブな動きと言えるのではないでしょうか?

シンガポールは抜け目のない国ですね。

人民元取引、ロンドンとシンガポールがリード

中国が通貨・人民元の国際化を進める中、ロンドンとシンガポールが香港に次ぐ元のオフショアセンターとしての地位を固めつつある。


シンガポールの元建て預金残高は約600億元(約7,457億円)で、これまでの元建て債券のうち、30%はシンガポールに拠点を置く投資家が購入した。


ロンドンは元建て債券を4月に発行しており、香港以外では初のオフショア起債市場となった。元のオフショア為替市場では取引全体の26%をロンドンが占めている。香港は56%。


コンサルティングのブース・コンサルトによれば、金利など指標となるレートの決定でロンドンは長い歴史を持っている点が強み。


一方、JPモルガンの中国市場担当幹部は、シンガポールや台北は中国に地理的、文化的に近く、ロンドンと伍していく潜在性があると見ている。特にシンガポールは東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国の取引ハブだ。


シンガポールで活動する中国の銀行のうち1行が、シンガポールの銀行向けに元決済を行うことが認められる予定で、香港経由の決済の手間がなくなる。またASEAN・中国貿易で元決済需要も見込める。


中国の銀行が発行した元建て信用状(LC)の20%はシンガポールで決済されている。香港は54%。




姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」では、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトを紹介しています。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





ブログランキングに参加しています。クリックいただくと記事を書く励みになります。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/200-8c585243

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター