Entries

シンガポールREITの各セクター

お読みいただく前に、ランキングアップに協力くださると大変助かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



シンガポールREITは投資している不動産のセクター、海外展開をしているかどうかによって次のように分類できます。

(クリックすると拡大します)


ここで各セクターについて簡単に特徴をまとめておきますと

オフィスは、景気敏感型のセクターで、景気が良ければ失業率は低くなり、オフィスのスペース需要が高まりますので、賃貸料も維持あるいは上昇が見込めます。景気が悪くなると、雇用のカットに伴うスペース需要が低迷するため、賃貸料も低下します。

また、オフィスビルは他のセクターと比較すると、相対的に景気に関係なくスペースの需給が不安定になります。これは、オフィスビルは小売りや物流施設のように用途がきまっていないことが原因であり、また、好景気のときに大量にビルが建設され、好景気が終わった後に、ビルが完成して大量にオフィススペースが供給されるということも起こりがちです。
 シンガポールのREITではK-REITやFrasers Commercialがこのセクターに該当します。

リテールは、景気敏感型のセクターです。特に都心にある商業ビルは、外食、衣料など買回り品の割合が高くなるので、雇用や賃金が良くなると消費も活発化するのでその傾向が強くなります。郊外のショッピングセンターも業績は景気に連動しますが、都心部での消費傾向よりは、スーパーでの買い物など日常生活に必要な消費の割合が高まりますので、景気動向への感応度は相対的に低くなります。
 シンガポールのREITではCapitamallやFrasersCentrepoint、インドネシアに特化したLippoMalls Indonesiaがこのセクターに属します。

総合型はオフィスとリテール両方の特徴をとるということになります。シンガポールREITではCapitaCommercial, Mapletree commercial, Suntec、また広く海外展開しているStarhill Global,香港の物件に特化したFortuneがこのセクターに属します。総じて規模が大きいREITです。

産業用不動産は、用途が決まっているため、スペースの需給動向は安定的です。オフィスビルとは異なりテナントの需要が先にあって建設されることが多いためです。景気動向にはもちろん左右されますが、オフィスビルほど賃貸料や充足率の変動率は高くなく、安定的と言えます。シンガポールのREITではAscendas,Cambridge,AIMSAMP,Cache、イスラムREITのSabanaがこのセクターに属します。

ヘルスケアは、景気動向に関係なく、一定の需要が見込めるセクターです。相対的に景気感応度が低いセクターと言えるでしょう。政府の社会保障政策に影響されるという特殊なリスクファクターはあります。シンガポールのREITではインドネシアの病院などが主体のFirstとシンガポールの病院と日本の介護施設で運用しているParkwayLifeがこのセクターに属します。

ホテルは、非常に景気敏感なセクターです。好景気ですと、出張需要やレジャーでの需要が増えますが、不景気時にはオフィススペース需要以上に需要が落ち込みます。シンガポールのREITではアジア、ヨーロッパに広く展開しているAscottとシンガポールの割合が高いCDL Hospitalityがこのセクターに属します。



姉妹ブログ「得する海外WEBサイト」は、著作権侵害防止機能付き英文添削、GRE、GMAT対策e-Learning、格安海外航空券、世界中の雑誌が読める電子書籍サービスなど便利な海外WEBサイトに関するブログです。
こちらからご覧ください → 「得する海外WEBサイト





ブログランキングに参加しています。クリックくださるとありがたいです。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキングへ
Use trackback on this entry.
http://asiareitsouken.blog.fc2.com/tb.php/10-68949d35

Trackbacks

Comments

Post a comment

Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ASIA REIT LABO

Author:ASIA REIT LABO
J-REIT投資で資産が3分の1になったことも5倍になったことも経験したREIT(不動産投資信託)愛好家。マレーシア訪問をきっかけにアジアのREIT(不動産投資信託)が今後重要な資産運用手段になると確信し、研究を開始。投資家のジム・ロジャースに憧れている証券アナリスト

姉妹ブログ「インターネットで英語生活」は、英語に抵抗がない方向けの、英語WEBサイトを使って安く買い物をしたり便利なサービスを使うノウハウなどに関するブログです。英語WEBサイトを利用することで、せっかく勉強した英語を使って日本でも日常生活で得できるノウハウを紹介します。

Twitterでブログのネタ、経済や相場ネタ、ときどき愚痴をつぶやいてます。
ASIA REIT LABOをフォローしてみてください。



このブログをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不動産投資対象国の人気投票

FC2カウンター